低分子ヒアルロン酸とコラーゲン

低分子ヒアルロン酸
は、美肌の味方コラーゲンとコラーゲンを支えている物質を結びつける働きをします。

また、コラーゲンやコンドロイチンより保水力が高く、ヒアルロン酸には自分の重さの6000倍の水を保つ力があります。

体重60キロの人でも、ヒアルロン酸が10グラムあれば、水分を保つことができます。人の体はすべて水で出来ているわけではないので、もっと少なくても大丈夫ですね。

お肌は、コラーゲンが繊維状にゆるく絡みあって網目構造を作っています。これにより弾力性が出るんです。しかし、加齢とともにコラーゲン量がへり網目の1本が細くなってキメが崩れてしまうと、肌の弾力性や伸縮性が落ちてしまい、たるみやしわ原因となってしまうのです。

低分子ヒアルロン酸はコラーゲンの間に入り込んで、コラーゲンの形崩れを防いでくれます。その結果、お肌はみずみずしく、弾力性のある状態になるのです。

最近は低分子ヒアルロン酸配合の化粧水
なども売ってますね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/20111875

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。