ヒアルロン酸とアンチエイジングの関係

ヒアルロン酸は皮膚に潤いを持たせる効能などがあります。人間は年をとると徐々に保水力が落ち、これをヒアルロン酸により補う事によりアンチエイジングにもつながります。

アンチエイジングとは、アンチは「アンチ巨人」という使い方をするように、否定を表す言葉です。
一方エイジングとは老化という意味で使われます。エイジングはそのままの英語で言えば、age(年齢、齢)を重ねていくこと、つまり「加齢」(かれい)です。英語圏の人は、アンチエイジングと言うと年を取る事自体を否定するようなニュアンスに聞こえるらしく、アンチエイジングという言い方に否定的な人もいるようです。この意味に固執するなら、人間は誕生の瞬間からその人生の最後の時まで、細胞組織レベルでは常に古い細胞組織は、死んで常に新しいものと入れ替わっていくわけで、幼児、子供の段階からすでにエイジングは始まっているとも言われています。

高齢社会の進展とともに、エイジングへの関心が膨れ上がり、エイジングを扱った書物や化粧品などが増加しています。

老化に抵抗、対抗するという意味で、アンチエイジングという言葉も近年使われるようになってきました。肌、顔、身体機能などの老化対策として、美顔、美容整形などをすることを指して、「アンチエイジング」という言い方をしています。 加齢関連性の疾患を予防したり治療する医療は、アンチエイジング医療とも呼ばれています。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/27511160

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。