更年期障害に効くプラセンタ

更年期障害とは40?50歳代の女性が女性ホルモンの不足が原因で起こる身体的な痛みだけでなく、精神的に不安定になったりと辛い症状ですね。
最近では20、30代でも頭痛やめまい、肩こり、頻尿など様々な症状に苦しめられ、更年期障害に悩む女性が多くいるそうです。

この更年期障害にもプラセンタは効果があるようです。


そもそもプラセンタはヒト胎盤のエキスで、日本では50年前から更年期障害や乳汁分泌不全、肝機能障害の治療に使われているそうです。

プラセンタがどのように更年期障害に効果があるとゆうと、ホルモンバランスを促進、調節する作用があり、
定期的にプラセンタを投与することで女性ホルモン不足が原因の症状を緩和させることが出来るのです。

他にも精神的にも安定させる効果もあり、生理とホルモン分泌の変化から精神的に不安定になったりする時には、
プラセンタエキスが持つ「内分泌調整作用」の働きによって、ホルモンバランスの正常化に加え、精神の安定化にも効果があります。

また、プラセンタは膣の粘膜の細胞の増殖を促すことも証明されていて、
女性ホルモンの中の「エストロゲン」が欠乏することによって、
更年期障害だけでなく「萎縮性腟炎」「性交痛」などの痛みがなくなる効果もあります。



最近は更年期障害の治療に漢方薬、ホルモン剤だけではなく、プラセンタ注射で対応しているクリニックも増加していますし、
プラセンタ治療は、保険が適応するクリニックがほとんどです。
あまり我慢せずにクリニックに相談して、辛い痛みを少しでもやわらげて下さい。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。