プラセンタ点滴とは

プラセンタ治療というとプラセンタ注射がいちばんよく知られている方法ですが、プラセンタ点滴のほうが血液中に
直接入れることから即効性があります。プラセンタ点滴はプラセンタが100%が入っている点滴ではなく、
プラセンタ注射薬と美容ビタミンと言われるビタミンB群、C群を中心に配合されたものを投与する方法です。


ほとんどの病院がオリジナルのビタミンカクテル点滴を行っています。
プラセンタ点滴のメリットはプラセンタ注射と比べて痛みが少ないこと、プラセンタと一緒に
ビタミン類など他の有効成分も一緒に投与できる30分?1時間程度の時間をかけてゆっくりと、
体内のすみずみまでプラセンタを浸透させることができる、などたくさんあります。
美容面だけではなく、疲労回復など体の中からきれいになりたいという健康面も気にされる方には注射よりも
プラセンタ点滴のほうが効果が高く、好評なようです。体を内側から改善することにより美肌効果や肌の若返りだけでなく、
疲労回復、発毛促進、肩こりや腰痛の軽減、更年期障害などに着実に効果が善く現れます。

しかし、プラセンタ注射は数分で終了しますが、プラセンタ点滴は30分?1時間くらいかかり、
料金もプラセンタ注射の約2倍の量の分、プラセンタ点滴のほうが注射の約2倍?かかりますが、
効果が高いのは重要ですね。

また、大きな副作用なども今まで無いようなので
皆さんも一度プラセンタ点滴で溜まった疲れを回復するのに受けてみてはいかがですか。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。