プラセンタ注射をする部位について

プラセンタ注射の一般的な方法は、筋肉注射、ツボ打ち注射、静脈注射、皮下注射で腕やお尻などに注射をして
体内に吸収させます。
また、肩こり、腰痛には患部に直接注射をすると高い効果があると言われています。
「美肌になりたい」という目的でプラセンタ注射をする場合、顔にプラセンタ注射をすればより
高い効果を期待できるのではないかと考える人も少なくないでしょう。
しかし、美肌効果を期待して行われるプラセンタ注射は、肩やお尻、腕などへの注射と比べて、
顔面への注射のほうが効果があるかどうか、医学的な根拠は特にないようです。
なので顔面の注射方法を取り入れている皮膚科クリニックはほとんどありません。
注射をするとプラセンタの成分がどの場所に注射しても身体の中で循環しますので、
効果に差が出ることは考えにくいということから、顔面プラセンタを行っているクリニックはほとんどないと考えられます。
さすがに顔に直接注射をすると、痛みもそれなりにあるそうです。

プラセンタとは、ヒトの胎盤から精製された薬です。
ヒトの胎盤には胎児の発育成長のために新しい細胞の増加、新陳代謝亢進など多彩な機能を発揮
する為、多数の活性化物質や高純度な栄養素が集中しています。
以前までは、臨床的に肝炎や更年期障害の治療薬として広く用いられてきましたが

最近では、この有効成分を最新の技術で抽出精製して安全な注射薬として提供され、
正常化作用が皮膚に対して美肌効果を表わすことやプラセンタが有している細胞の新陳代謝の亢進などが
確認されました。
現在では注射による美容治療として最も注目されています。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。