厚生労働省認可のプラセンタ治療

プラセンタの医薬品は全て厚生労働省の認可を受けた安全な、ヒト胎盤エキスを使用しています。
胎児の発育成長の為に必要不可欠な豊富な栄養素に加えて細胞分裂を促進する様々な生理活性物質が含まれています。
このエキスを様々な疾患治療に応用させたのをプラセンタ治療といいます。

プラセンタは胎盤から抽出されているため、その安全性についてよく疑問がもたれる事がありますが、
昭和30年代より多くの方に使用されていますが、副作用は注射部位の発赤や硬結ぐらいで大きな
副作用は現在の所報告されていませんし、胎盤は製薬会社が厚生省の指定する以上の加熱処理を行い完全に除去されており
また、当然ですが、エイズや肝炎などのウイルス感染、細菌感染などに関しての感染性のある胎盤は使用していません。

プラセンタエキスの注射をすると細胞の分裂速度が速まり、全身の組織、臓器、肌等を若返らせます。
その若返り治療が近年プラセンタ注射により、注目されいていますが他にも免疫力増進、滋養強壮効果、
抗アレルギー作用や精神安定作用などの効果もあるといわれています。

プラセンタ療法は、この他にも疲れ、胃十二指腸潰瘍、肝機能障害、膠原病、自律神経失調症、
アトピー・喘息・リウマチなどのアレルギー疾患、不眠、肩こり、腰痛、筋肉痛、関節痛、シミ、
月経困難症、生理不順、くすみ、肌荒れ、皮膚乾燥症、冷え性、しもやけ、更年期障害、風邪を
ひきにくくなるなどの免疫強化作用など幅広く効果がある事が立証されています。


プランセンタ治療は厚生労働省認可の安全な、人の胎盤から抽出したエキスの事です。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。