プラセンタが注射注目される理由

現在行われているプラセンタによる治療法は昭和20年代に旧ソ連や中国を経て伝わったと言われています。
当時日本では、麻酔をかけ、皮膚を切開し、胎盤を埋め込み縫合するという胎盤埋没療法がとられていたが、
麻酔や切開なしで胎盤を体内に入れる方法として開発されたのがプラセンタ注射になります。
この方法は以前よりも簡単で安全性も高く副作用もほとんどないので、埋没療法に比べ多くの医師に使われています。

プランセンタ注射薬は医療用医薬品として、肝炎や肝硬変・胃・胃潰瘍・更年期障害・乳汁分泌不全・アレルギー性疾患・
慢性肝疾患・十二指腸潰瘍・急性歯肉炎・辺緑性歯周炎などに用いられています。
また進行性指掌などにも用いられており、進行性指掌角化症・湿疹・火傷・各種皮膚炎などの為に外科剤も発売
されています。

プラセンタ注射は、値段は診察料込みで2,000?4,000円もクリニックが多いです。
方法は、プラセンタの抽出エキスを1回2アンプル皮下注射します。通常なら週1回を目安に注射されるとよいでしょう。

プラセンタ注入は、注射による方法と、より効果的に作用する点滴の方法があります。
細胞増殖因子は、成長と共に減少する人間の活性化には欠かせない物、プラセンタ注入することで合成分泌し新生細胞を合成、
老化細胞を廃棄、細胞組織を修復・再生し、細胞1個1個のレベルで美白、キメを整える事が出来、
ハリや弾力維持といった美肌効果から、肩こりや疲労感といった健康不良でお悩みの方にも効果テキメンです。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。