歴史あるプラセンタの効能

プラセンタとは、、胎児の発育に必要不可欠な組織、胎盤のことで古来より漢方薬の
原料としても使われてきた歴史ある成分です。


プラセンタは胎児をたった10ヶ月で成長させるための各種の細胞増殖因(HGF)を豊富に含み、その他にもビタミン・ミネラルや
多種のアミノ酸が含まれています。
HGFの働きで細胞を活性化し、新陳代謝や血行を促進して免疫力や自己治癒力を高めてくれるため、
肌荒れ・自律神経失調症・更年期障害・肩こり・神経痛・筋肉痛・胃潰瘍などに驚くべき効果を発揮しする
事が判っています。

プランセンタは、肝炎・肝硬変・更年期障害・乳汁分泌不全・アレルギー性疾患・十二指腸潰瘍、急性歯肉炎
胃潰瘍・慢性肝疾患・胃・辺緑性歯周炎などにも効果がある為、これらの医療用医薬品用の注射薬にも使われており、
また湿疹、火傷、各種皮膚炎などの進行性指掌角化症にも使用されていて外用剤も発売されていていますね。
他にも最近は美白やアンチエイジング、アトピー性皮膚炎やアレルギーに対する効能も注目を浴びています。

プラセンタの美容的効能はお肌の真皮まで届くので、肌を作る線維芽細胞を活性化、促進する作用があります。
その結果、真皮の中のコラーゲン・エラスチン・ヒア ルロン酸の産生を高め、くすみやシミ、シワやたるみを改善し
ハリのある透きとおる肌に導きます。プラセンタは他にもニキビやニキビ痕の補修にも有効ですので、
ニキビやニキビ痕を治したい方にとてもありがたい存在ですね。。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。