植物性プラセンタについて

近年では、胎盤エキスには、肌を活性化し、組織の再生能力を高める効果があり、
美白効果と保湿効果があることが知られています。

肌が荒れたりする理由は、肌の角質層は再生が早く、新しい細胞が盛んに生まれてきます。
その働きの衰えのシグナルとして、シミができやすくなったり、肌の瑞々しさが失われるという
理屈です。

プラセンタには、動物性プラセンタと植物性プラセンターがあり、
動物性プラセンタは狂牛病問題に影響する恐れがあるとして、現在では使用を停止しているか、豚プラセンター
を使っている病院が多くあります。

残る、植物性プラセンターは、植物由来でありながら従来の動物性プラセンターに
負ける事のない効果を持っています。
植物にとって胎盤の働きをするのは、胚の若芽の中心部で作られる胎座がプラセンタとなります。
胎座は成長期に植物の実の滋養分となり、植物性胎盤と呼ばれる独自の成分は、
特別な種類の植物の芽がまだ細胞分裂の初期の段階の時に抽出されるそうです。

シミ、くすみを抑える美白作用の効果がその1つでメラニン生成抑制試験において、
動物性プラセンターよりも強いメラニン生成抑制効果がや動物性プラセンターと
同等の細胞増殖作用も認められており、物性プラセンタは細胞の栄養状態を良くし植、
活性化させることによって細胞の働きを活発にします。
植物性プラセンター治療は、現在1番安全な美容治療といわれますね。
肌が気になる方は試してみる価値がありそうですね。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。