プラセンタの軽微な副作用

今まで肝機能障害の治療や更年期障害や乳汁分泌不全だけ使われてきたプラセンタ。
最近では美容はもちろん、健康の回復や維持など「若返りの秘薬」の治療としても注目されています。
歴史上の美女、マリーアントワネットや楊貴妃、クレオパトラも若さを保つために愛用していたと言われてる程、効果は抜群です。

しかし、プラセンタは副作用を及ぼす事はあまり聞かないのですが、
ごく一部の人に副作用を及ぼす可能性があるそうです。

副作用が起こる人の原因は主にアレルギー反応によるものと言われていますが、
プラセンタは通常はアレルギーに歓迎される物質です。

しかし、ごく一部の人には注射した箇所の痒みや、腕が重く感じるなどの副作用
があるようですが、半日くらいでおさまるのが多いそうです。

副作用を及ぼす人が少ないのは、プラセンタが女性の胎盤から抽出された自然由来の理想的な物質で、
単一の成分ではなく様々な成分から成る成分バランスの良い物質であることが大きな理由であると考えられています。
また、体調やプラセンタの種類によっては、身体に変調をきたす場合もあるので必ず事前に相談して、自分にあった方法で取り入れると良いでしょう。

プラセンタの場合、アクセルとブレーキの両方が付いていて丁度良い状態になるよう自動的にコントロールするようなイメージなので、
副作用を起こす事はとても少ないですが、治療の前には必ず相談して下さいね。

大きな副作用が無いとゆうのは安心ですが、医師に相談しておくのもより安心感が得られると思いますよ。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。