コラーゲンと低分子ヒアルロン酸

コラーゲンを多く含む健康食品が、皮膚の張りを保つ、関節の痛みを改善するなどと宣伝されていることがある。しかし、その有効性について科学的に十分な証明がされている事実はなく、この点でマイナスイオンなどと同じく疑似科学とされる。

コラーゲンは、真皮、靱帯、腱、骨、軟骨などを構成する蛋白質のひとつで、多細胞動物の細胞外基質(細胞外マトリクス)の主成分である。体内に存在しているコラーゲンの総量は、ヒトでは、全蛋白質のほぼ30%を占める程多い。また、コラーゲンは体内で働くだけでなく人間生活に様々に利用されている。ゼラチンの原料はコラーゲンであり、化粧品、医薬品などにも様々に用いられている。

このトロポコラーゲンが、少しずつずれてたくさん集まり、より太く長い線維を作る場合があり、これはコラーゲン細線維 (collagen fibril) と呼ばれる。例えば、骨や軟骨の中のコラーゲンは、このコラーゲン細線維をつくっており、骨基質、軟骨基質にびっしりと詰まっている。コラーゲン細線維は透過型電子顕微鏡で観察することができる。コラーゲン細線維には、ほぼ65 nm周期の縞模様が観察される。コラーゲン細線維の太さは通常、数十〜百数十 nm程度である。この太さは、そのコラーゲン細線維を作っているコラ−ゲンの各型の割合などによって決まることがわかっている。

コラーゲン細線維は、更に多くが寄り集まって、結合組織内で強大な線維を形成する場合がある。これがコラーゲン線維(膠原線維;こうげんせんい、collagen fiber)である。コラーゲン線維の太さは数μm〜数十μm程度で、適切な染色をおこなうと、光学顕微鏡でも観察することができる。コラーゲン線維は皮膚の真皮や腱などにはびっしりとつまっている。

一方、こうした従来から知られている機能とは別に、コラーゲンが、それに接する細胞に対して、増殖、分化シグナルを与える、情報伝達の働きも担っていることがわかってきている。

コラーゲンペプチド
コラーゲンペプタイドとも呼ばれる。コラーゲンを酵素処理で分解し、低分子化したもので、食品として摂取した場合、体内でアミノ酸に分解しやすいため、吸収性が高められている。ゼラチン同様に水溶性を持つが、ゼラチンのように低温でゲル化させる性質はない。保湿性があるために、化粧品原料にも用いられる。原料として、ウシ、ブタなどの家畜の他に、ヒラメ、サケ、スズキなどの魚類の皮や鱗を使う例が多い。産業原料として、粉末の他、水溶液で流通する場合もある。

また、コラーゲンはタンパク質の一種であるから、消化作用によりその構成単位であるアミノ酸まで分解されないと体内に吸収されないし、また分解されたアミノ酸が必ずしも体内で再びコラーゲンに生成されるとは限らない。そもそもタンパク質をはじめとした栄養を含む食品類をバランスよく摂っていれば体内で合成することができるので、健康食品で補う意義は乏しいと考えられる。

低分子ヒアルロン酸と高分子ヒアルロン酸

低分子と高分子のちがいは、簡単に言うと大きさの違いです。

同じ大きさの穴があったら、小さいほうが通りやすいですよね?

低分子の方が小さいので吸収がいいんですね。
高分子ヒアルロン酸は肝臓で代謝されると低分子に変わるらしいです。

吸収力が違う!低分子ヒアルロン酸登場!赤ちゃんのようなプルプル肌になれる!?世界特許を取...

どんどん減っちゃう低分子ヒアルロン酸

低分子ヒアルロン酸の保有量は、母親のお腹の中にいるときが最も多く、産声を上げると同時に減り続け、大人になると4分の1までに減ってしまうと言われています。

赤ちゃんの肌はむっちむちしてますが、これは保水力に関わりのある低分子ヒアルロン酸のおかげでもあります。 

低分子ヒアルロン酸は約2週間で半分になってしまうと言われています。つまり取っても、取ってもすぐなくなっちゃいます。

低分子ヒアルロン酸は食事で採れる?

低分子ヒアルロン酸は脊椎動物のみにしかない物質です。普段の食事で言うと、魚や牛・豚・鳥などの体内には低分子ヒアルロン酸は存在します。

残念ながら、野菜や果物には入っていません。しかも熱に弱いという特徴があります。低分子ヒアルロン酸は、鶏のとさかやフカヒレなどの鮫軟骨に多く含まれていますが、フカヒレは高級食材でなかなか手がでないし、鶏のとさかは、なるべくなら食べたくないですね・・

このような理由から、食事から低分子ヒアルロン酸を取るのは難しいんですね。

低分子ヒアルロン酸ってなぁに?

低分子ヒアルロン酸は、人間の皮膚や関節など様々な部位にあります。

体内で保水という重要な働きをしているという事がわかってきました。
保水とは簡単に言うと、体内に水を蓄える事です。

人の体に水は不可欠です。食べ物の栄養は水に溶けて吸収されます。保水作用が悪いと、栄養の吸収などに影響するので、保水の維持管理をする低分子ヒアルロン酸は人体にとって大変重要な成分なんです。

数年前までは美容や、関節炎の治療薬として使用されてきましたが、最近食品として摂取できるようになりました。

低分子ヒアルロン酸そのものは栄養素ではありません。毛細血管から全身の細胞に栄養素や、酸素を運ぶといった、縁の下の力持ち的存在です。体内の細胞と細胞をつなげて働きを円滑にする潤滑油のようなものです

また低分子ヒアルロン酸は全身の組織に潤いと弾力性を与え、体内保有水分の減少から生ずる老化を防止するといわれています。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。