プラセンタの軽微な副作用

今まで肝機能障害の治療や更年期障害や乳汁分泌不全だけ使われてきたプラセンタ。
最近では美容はもちろん、健康の回復や維持など「若返りの秘薬」の治療としても注目されています。
歴史上の美女、マリーアントワネットや楊貴妃、クレオパトラも若さを保つために愛用していたと言われてる程、効果は抜群です。

しかし、プラセンタは副作用を及ぼす事はあまり聞かないのですが、
ごく一部の人に副作用を及ぼす可能性があるそうです。

副作用が起こる人の原因は主にアレルギー反応によるものと言われていますが、
プラセンタは通常はアレルギーに歓迎される物質です。

しかし、ごく一部の人には注射した箇所の痒みや、腕が重く感じるなどの副作用
があるようですが、半日くらいでおさまるのが多いそうです。

副作用を及ぼす人が少ないのは、プラセンタが女性の胎盤から抽出された自然由来の理想的な物質で、
単一の成分ではなく様々な成分から成る成分バランスの良い物質であることが大きな理由であると考えられています。
また、体調やプラセンタの種類によっては、身体に変調をきたす場合もあるので必ず事前に相談して、自分にあった方法で取り入れると良いでしょう。

プラセンタの場合、アクセルとブレーキの両方が付いていて丁度良い状態になるよう自動的にコントロールするようなイメージなので、
副作用を起こす事はとても少ないですが、治療の前には必ず相談して下さいね。

大きな副作用が無いとゆうのは安心ですが、医師に相談しておくのもより安心感が得られると思いますよ。

プラセンタの美容効果

21世紀のキーワードは、「Anti-aging」です。「Anti-aging」とは、日本語で直訳すると「抗老化」「抗加齢」などの事を言います。
意味は「時計の針を止めること」ではなく、「針を少し戻して、その進みを遅らせること」なのです。
美容や疲労回復、若返りなどに効果があるプラセンタは「Anti-aging」を志向するとき、
欠かすことのできない存在なのです。

プラセンタとは、赤ちゃんの成長に欠かせないあらゆる物質がたくさん含まれた栄養の宝庫だと言われている、母体と赤ちゃんを結ぶ胎盤のことです。
プラセンタは、当初は医療現場で、肝機能障害や更年期障害の治療に用いられてきましたが、
治療後、患者の肌状態が良くなったので、美容皮膚科で取り入れ始めたのです。

治療方法は注射・点滴により短時間で、全身にプラセンタをいきわたらせることができます。
また、ビタミン剤なども追加できますが、美容が目的の場合、プラセンタ注射よりも飲むタイプのプラセンタ製品の使用がお勧めです。

若返りに関する治療、美容や疲労回復、目的とする方は週に1度程度の投与を最初の目安にします。
長期にわたり継続していただいても特に問題はありません。
美肌効果は 多くの女性が気にんる、美白・ニキビ、肌荒れ、シミ、シワ、ソバカスの改善・皮膚の老化防止や保湿作用、皮膚細胞の新陳代謝の促進、コラーゲンの生成、
活性酸素除去、血行促進などの作用もあり、血行促進により、くまの改善が期待できます。


全身的な効果は肝疾患・胃潰瘍・喘息・便秘・鼻炎・生理痛・更年期障害・腰痛・肩こり・アトピー性皮膚炎・リウマチ・冷え性・自律神経失調症・滋養強壮などにも効果的な方法です。

プラセンタ美容液の効果

プラセンタは、何十年も前から若返りや美容の目的でオードリーヘップバーンやチャップリンなど
多くの有名人が愛用していた事でも有名です。

エステサロンで使用されているプロ使用のプラセンタ美容液は、透明感のある美しい肌へと導きますので、
シミ、そばかす、小じわの改善、肌のくま、くすみ、ニキビ肌、アトピー性皮膚炎、肌荒れ
赤ら顔、老人性のシミ、毛細血管拡張肌、 育毛・養毛 まで幅広い効果があります。
症状などで言うとトラブル肌でお悩みの方や洗顔後肌がつっぱる方、お肌にツヤがなくカサカサしている方、
カサカサ肌がさらにひどくなり粉をふいたような状態になる方、かぶれやアレルギーが
出やすい方などあらゆるお肌のトラブルにお薦めですね。

プラセンタとは、胎児の発育成長に必要不可欠で女性だけがもつ、「胎盤」のことで、
昔から肝機能の向上や更年期障害の治療薬として利用されていました。
プラセンタは胎盤は胎児を短期間で成長させるのに必要な3大栄養素をはじめ、
酵素、核酸、ビタミン、ミネラルなど多くの栄養成分を持っています。
その、お腹の中で胎児を成長させ、生命を誕生させる力を持つプラセンタ美容液には、
ヒアルロン酸をはじめビタミンB・C、ミネラルなど、高級クリームを凌ぐほどの美肌成分が
たっぷり配合されております。

他にも幾多の生理活性 物質が含まれていると言われ、昔から不老長寿の薬として
珍重されているので現在でも、医療分野で使われています。
日本で行われているプラセンタによる治療法は旧ソ連や中国を経て伝わった胎盤埋没療法を起源と
しています。

植物性プラセンタについて

近年では、胎盤エキスには、肌を活性化し、組織の再生能力を高める効果があり、
美白効果と保湿効果があることが知られています。

肌が荒れたりする理由は、肌の角質層は再生が早く、新しい細胞が盛んに生まれてきます。
その働きの衰えのシグナルとして、シミができやすくなったり、肌の瑞々しさが失われるという
理屈です。

プラセンタには、動物性プラセンタと植物性プラセンターがあり、
動物性プラセンタは狂牛病問題に影響する恐れがあるとして、現在では使用を停止しているか、豚プラセンター
を使っている病院が多くあります。

残る、植物性プラセンターは、植物由来でありながら従来の動物性プラセンターに
負ける事のない効果を持っています。
植物にとって胎盤の働きをするのは、胚の若芽の中心部で作られる胎座がプラセンタとなります。
胎座は成長期に植物の実の滋養分となり、植物性胎盤と呼ばれる独自の成分は、
特別な種類の植物の芽がまだ細胞分裂の初期の段階の時に抽出されるそうです。

シミ、くすみを抑える美白作用の効果がその1つでメラニン生成抑制試験において、
動物性プラセンターよりも強いメラニン生成抑制効果がや動物性プラセンターと
同等の細胞増殖作用も認められており、物性プラセンタは細胞の栄養状態を良くし植、
活性化させることによって細胞の働きを活発にします。
植物性プラセンター治療は、現在1番安全な美容治療といわれますね。
肌が気になる方は試してみる価値がありそうですね。

にきびにも効くプラセンタ

最近、美容業界の中でプラセンタとゆう名前を良く耳にします。
プラセンタとは、直訳すると母親の胎内にある「胎盤」のことであり、胎児の発育のために
は必要不可欠な組織です。
栄養豊富なプラセンタには優れた美容効果があり、昔からマリーアントワネットや楊貴妃、
クレオパトラも若さを保つために愛用していたと伝えられています。

思春期の人間の悩みに欠かせないのがにきびですが、そのにきびが治らず
悩んでいる人も多いですよね。
ニキビが出来てしまうとそれ自体嫌な気分になりますが、それ以上に心配されるのが、ニキビを悪化させてしまい、
皮膚陥没などの跡を残してしまってまた悩んでしまう人もいると思います。
ニキビの炎症が進んでしまうと、雑菌が凄い勢いで繁殖するようになります。

プラセンタには、ニキビの炎症の抑制・ニキビ跡の補修にもとても有効だと思います。
どのように有効かとゆうと抗炎症作用や、過剰な活性酸素を除去する作用、
ニキビ跡を残さないように働くと同時に、傷が治る時にできる増殖力にすぐれた組織の形成促進作用や、
壊れた組織の修復を促進する傷創回復促進作用などが、ニキビ跡をキレイにするうえで効力を示してくれます。


このようなプラセンタの修復効果は、二キビ跡のほかに、傷跡やヤケド跡にも作用することが認められ、
その素晴らしい効能に接した皮膚科医の間でも高い評価を得ています。


プラセンタは、数十年前から肝臓疾患治療薬として歴史を持つ厚生労働省認可薬のため、
安全性と有効性は保障されていますので、副作用の心配はあまりありません。
治療の費用は、プラセンタエキス原液で30mlで一ヵ月ぐらい使えて9,000円前後です。
注射だと診察料込みで2,000?4,000円が一応の目安になります。

歴史あるプラセンタの効能

プラセンタとは、、胎児の発育に必要不可欠な組織、胎盤のことで古来より漢方薬の
原料としても使われてきた歴史ある成分です。


プラセンタは胎児をたった10ヶ月で成長させるための各種の細胞増殖因(HGF)を豊富に含み、その他にもビタミン・ミネラルや
多種のアミノ酸が含まれています。
HGFの働きで細胞を活性化し、新陳代謝や血行を促進して免疫力や自己治癒力を高めてくれるため、
肌荒れ・自律神経失調症・更年期障害・肩こり・神経痛・筋肉痛・胃潰瘍などに驚くべき効果を発揮しする
事が判っています。

プランセンタは、肝炎・肝硬変・更年期障害・乳汁分泌不全・アレルギー性疾患・十二指腸潰瘍、急性歯肉炎
胃潰瘍・慢性肝疾患・胃・辺緑性歯周炎などにも効果がある為、これらの医療用医薬品用の注射薬にも使われており、
また湿疹、火傷、各種皮膚炎などの進行性指掌角化症にも使用されていて外用剤も発売されていていますね。
他にも最近は美白やアンチエイジング、アトピー性皮膚炎やアレルギーに対する効能も注目を浴びています。

プラセンタの美容的効能はお肌の真皮まで届くので、肌を作る線維芽細胞を活性化、促進する作用があります。
その結果、真皮の中のコラーゲン・エラスチン・ヒア ルロン酸の産生を高め、くすみやシミ、シワやたるみを改善し
ハリのある透きとおる肌に導きます。プラセンタは他にもニキビやニキビ痕の補修にも有効ですので、
ニキビやニキビ痕を治したい方にとてもありがたい存在ですね。。

プラセンタが注射注目される理由

現在行われているプラセンタによる治療法は昭和20年代に旧ソ連や中国を経て伝わったと言われています。
当時日本では、麻酔をかけ、皮膚を切開し、胎盤を埋め込み縫合するという胎盤埋没療法がとられていたが、
麻酔や切開なしで胎盤を体内に入れる方法として開発されたのがプラセンタ注射になります。
この方法は以前よりも簡単で安全性も高く副作用もほとんどないので、埋没療法に比べ多くの医師に使われています。

プランセンタ注射薬は医療用医薬品として、肝炎や肝硬変・胃・胃潰瘍・更年期障害・乳汁分泌不全・アレルギー性疾患・
慢性肝疾患・十二指腸潰瘍・急性歯肉炎・辺緑性歯周炎などに用いられています。
また進行性指掌などにも用いられており、進行性指掌角化症・湿疹・火傷・各種皮膚炎などの為に外科剤も発売
されています。

プラセンタ注射は、値段は診察料込みで2,000?4,000円もクリニックが多いです。
方法は、プラセンタの抽出エキスを1回2アンプル皮下注射します。通常なら週1回を目安に注射されるとよいでしょう。

プラセンタ注入は、注射による方法と、より効果的に作用する点滴の方法があります。
細胞増殖因子は、成長と共に減少する人間の活性化には欠かせない物、プラセンタ注入することで合成分泌し新生細胞を合成、
老化細胞を廃棄、細胞組織を修復・再生し、細胞1個1個のレベルで美白、キメを整える事が出来、
ハリや弾力維持といった美肌効果から、肩こりや疲労感といった健康不良でお悩みの方にも効果テキメンです。

厚生労働省認可のプラセンタ治療

プラセンタの医薬品は全て厚生労働省の認可を受けた安全な、ヒト胎盤エキスを使用しています。
胎児の発育成長の為に必要不可欠な豊富な栄養素に加えて細胞分裂を促進する様々な生理活性物質が含まれています。
このエキスを様々な疾患治療に応用させたのをプラセンタ治療といいます。

プラセンタは胎盤から抽出されているため、その安全性についてよく疑問がもたれる事がありますが、
昭和30年代より多くの方に使用されていますが、副作用は注射部位の発赤や硬結ぐらいで大きな
副作用は現在の所報告されていませんし、胎盤は製薬会社が厚生省の指定する以上の加熱処理を行い完全に除去されており
また、当然ですが、エイズや肝炎などのウイルス感染、細菌感染などに関しての感染性のある胎盤は使用していません。

プラセンタエキスの注射をすると細胞の分裂速度が速まり、全身の組織、臓器、肌等を若返らせます。
その若返り治療が近年プラセンタ注射により、注目されいていますが他にも免疫力増進、滋養強壮効果、
抗アレルギー作用や精神安定作用などの効果もあるといわれています。

プラセンタ療法は、この他にも疲れ、胃十二指腸潰瘍、肝機能障害、膠原病、自律神経失調症、
アトピー・喘息・リウマチなどのアレルギー疾患、不眠、肩こり、腰痛、筋肉痛、関節痛、シミ、
月経困難症、生理不順、くすみ、肌荒れ、皮膚乾燥症、冷え性、しもやけ、更年期障害、風邪を
ひきにくくなるなどの免疫強化作用など幅広く効果がある事が立証されています。


プランセンタ治療は厚生労働省認可の安全な、人の胎盤から抽出したエキスの事です。

杉本彩も使用してるプラセンタ

プラセンタドリンクとは杉本彩さんがプロデュースし、信州会クリニック、永井一成院長と共同開発した商品です。
杉本彩さんはもともとプラセンタの愛用者で、杉本彩さんの「私の信頼する好きなものを、他の女性たちと分かち合いたい」とゆう思いからプラセンタドリンクの開発に携わり、誕生したスキンケアです。

ではプラセンタとは、なんでしょうか。プラセンタは日本語で「胎盤」とい表します。

皆さんも保健の授業などで勉強したと思いますが胎盤は、胎児がお母さんのお腹の中で短期間で発育・成長する為には、無くてはならない組織です。
胎盤の中には、胎児への栄養補給のためにたくさんの栄養素がこの組織に集中し、貯えられます。

例えば、人間以外の哺乳動物は、出産直後に自分の胎盤を食べてしまいます。
これは、胎盤はべることによって、産後の体力回復に役立てるため、という有力な説もあります。皆さんが出産する場合でも産院や助産院によって胎盤を食べさせてくれる所もあるそうです。

杉本彩さんのプロデュースしたプラセンタドリンクに含まれているプラセンタは、
老舗メーカースノーデン社が扱う豚の胎盤が使用されているそうで、1日1本飲み続けるだけで美肌になり
、冷え性や疲労回復など美容、健康面に幅広く効果をもたらしくてれるそうです。
あの綺麗な杉本彩さんがプロデュースしたことで多くのタレント、
モデルなどの愛用者が増え人気に火がつきました。
プライベートでも杉本彩さんと仲良しの梨花さんもこのプラセンタドリンクを飲んでいるそうですよ。

芸能人とプラセンタ

プラセンタとは「胎盤」のことであり、英語でPLACENTAと書き、標準的な読み方は「プラセンタ」ですが、その他プラセンター、プレセンタ、プレセンターなど
人によって呼ばれ方が違います。
10ヶ月とゆう短期間で産まれてくる、胎児の発育のためには必要不可欠な組織ですね。


プラセンタは本来生命がもっている総合的な力があると考えられていますから、
プラセンタエキスには、人間に必要な3大栄養素をはじめ酵素、核酸、ミネラル、ビタミンなど多彩で豊富な栄養素を蓄えています。
このように栄養豊富なプラセンタには優れた美白効果があります。
プラセンタエキスは細胞を元気にし、細胞分裂を促して若々しい肌を取り戻し メラニンの沈着を防ぎ美白を取り戻してくれます。

プラセンタは、美容、健康、アンチエイジング、美白にとても評価が高く、たくさんの芸能人、有名人にも愛用されています。過去にはオードリー・ヘップバーン
、ダイアナ元英国王妃、チャーリー・チャップリン、マリリンモンローなどの各国要人、ハリウッドスターもプラセンタ を愛用していた、という話はよく聞きます。

また、チャーリー・チャップリンは70歳を越えて結婚し子供をつくることができたのも、プラセンタのおかげなのかもしれません。

現代ではマドンナ、ティナ・ターナー、チャーチル首相、マイケル・ジャクソンなどのセレブもプラセンタを美容と若返りのために愛用しています。
日本でも、プラセンタドリンクはプロデュースした杉本彩さんを始め、森光子さん、管野美穂さん、神田うのさん、川島なお美さん、梨花さん、叶姉妹もプラセ
ンタ愛用者だそうです。SMAPの木村拓也さんは顔面に直接プラセンタ注射をしているそうですよ。

安全な上に健康や美容も効果的なプラセンタはこれから益々人気が出そうですね。

プラセンタ原液の効力

医療にも善く用いられ、沢山の効果があるプラセンタは、最近では美肌づくりの成分としても有名になってきました。
よく知られているのは美白作用で厚生労働省にも美白成分として認可されています。
ほかにも新陳代謝を促す作用があるので、角質肥厚や毛穴詰まりが解消され肌荒れ・ニキビに効果的とされています。

プラセンタ原液はお肌の真皮まで届くので、肌を作る線維芽細胞を活性化し、その働きを促進します。
プラセンタ原液は、多くの有効成分を含んだプラセンタ原液100%の美容液で、特殊な製法で、プラセンタエキス
のもつ生理活性を失うことなく製法されています。
その結果、真皮の中のコラーゲン・エラスチン・ヒア ルロン酸の産生を高め、くすみやシミ、シワやたるみを
改善しハリのある透き とおる肌に導きます。またプラセンタはニキビやニキビ痕の補修にも有効ですので、
お肌をよりきれいにされたい方やニキビやニキビ痕を治したい方にとても支持されております。

プラセンタ原液はたくさんのメーカーから発売されています。
しかしプラセンタの原液は化粧品などにする前の素材なので、有効成分がほんのわずかしか含まれていなくても、
製造メーカー側が原液として販売してしまえば原液として流されててしまいます。
効果を充分に発揮したいのなら、その中でも一流メーカーの信用できる本格的なプラセンタ製品を使用してくださいね。

プラセンタは、豊富でバランスのとれた栄養素や、多様な成長因子を含み、医療の現場においても大変注目されています。
現在は、ヒトの胎盤から有効成分のみを抽出したプラセンタエキスが注射薬に、ブ
タの胎盤から抽出されたものは内服剤や化粧品に使われています。

プラセンタ注射をする部位について

プラセンタ注射の一般的な方法は、筋肉注射、ツボ打ち注射、静脈注射、皮下注射で腕やお尻などに注射をして
体内に吸収させます。
また、肩こり、腰痛には患部に直接注射をすると高い効果があると言われています。
「美肌になりたい」という目的でプラセンタ注射をする場合、顔にプラセンタ注射をすればより
高い効果を期待できるのではないかと考える人も少なくないでしょう。
しかし、美肌効果を期待して行われるプラセンタ注射は、肩やお尻、腕などへの注射と比べて、
顔面への注射のほうが効果があるかどうか、医学的な根拠は特にないようです。
なので顔面の注射方法を取り入れている皮膚科クリニックはほとんどありません。
注射をするとプラセンタの成分がどの場所に注射しても身体の中で循環しますので、
効果に差が出ることは考えにくいということから、顔面プラセンタを行っているクリニックはほとんどないと考えられます。
さすがに顔に直接注射をすると、痛みもそれなりにあるそうです。

プラセンタとは、ヒトの胎盤から精製された薬です。
ヒトの胎盤には胎児の発育成長のために新しい細胞の増加、新陳代謝亢進など多彩な機能を発揮
する為、多数の活性化物質や高純度な栄養素が集中しています。
以前までは、臨床的に肝炎や更年期障害の治療薬として広く用いられてきましたが

最近では、この有効成分を最新の技術で抽出精製して安全な注射薬として提供され、
正常化作用が皮膚に対して美肌効果を表わすことやプラセンタが有している細胞の新陳代謝の亢進などが
確認されました。
現在では注射による美容治療として最も注目されています。

プラセンタ点滴とは

プラセンタ治療というとプラセンタ注射がいちばんよく知られている方法ですが、プラセンタ点滴のほうが血液中に
直接入れることから即効性があります。プラセンタ点滴はプラセンタが100%が入っている点滴ではなく、
プラセンタ注射薬と美容ビタミンと言われるビタミンB群、C群を中心に配合されたものを投与する方法です。


ほとんどの病院がオリジナルのビタミンカクテル点滴を行っています。
プラセンタ点滴のメリットはプラセンタ注射と比べて痛みが少ないこと、プラセンタと一緒に
ビタミン類など他の有効成分も一緒に投与できる30分?1時間程度の時間をかけてゆっくりと、
体内のすみずみまでプラセンタを浸透させることができる、などたくさんあります。
美容面だけではなく、疲労回復など体の中からきれいになりたいという健康面も気にされる方には注射よりも
プラセンタ点滴のほうが効果が高く、好評なようです。体を内側から改善することにより美肌効果や肌の若返りだけでなく、
疲労回復、発毛促進、肩こりや腰痛の軽減、更年期障害などに着実に効果が善く現れます。

しかし、プラセンタ注射は数分で終了しますが、プラセンタ点滴は30分?1時間くらいかかり、
料金もプラセンタ注射の約2倍の量の分、プラセンタ点滴のほうが注射の約2倍?かかりますが、
効果が高いのは重要ですね。

また、大きな副作用なども今まで無いようなので
皆さんも一度プラセンタ点滴で溜まった疲れを回復するのに受けてみてはいかがですか。

更年期障害に効くプラセンタ

更年期障害とは40?50歳代の女性が女性ホルモンの不足が原因で起こる身体的な痛みだけでなく、精神的に不安定になったりと辛い症状ですね。
最近では20、30代でも頭痛やめまい、肩こり、頻尿など様々な症状に苦しめられ、更年期障害に悩む女性が多くいるそうです。

この更年期障害にもプラセンタは効果があるようです。


そもそもプラセンタはヒト胎盤のエキスで、日本では50年前から更年期障害や乳汁分泌不全、肝機能障害の治療に使われているそうです。

プラセンタがどのように更年期障害に効果があるとゆうと、ホルモンバランスを促進、調節する作用があり、
定期的にプラセンタを投与することで女性ホルモン不足が原因の症状を緩和させることが出来るのです。

他にも精神的にも安定させる効果もあり、生理とホルモン分泌の変化から精神的に不安定になったりする時には、
プラセンタエキスが持つ「内分泌調整作用」の働きによって、ホルモンバランスの正常化に加え、精神の安定化にも効果があります。

また、プラセンタは膣の粘膜の細胞の増殖を促すことも証明されていて、
女性ホルモンの中の「エストロゲン」が欠乏することによって、
更年期障害だけでなく「萎縮性腟炎」「性交痛」などの痛みがなくなる効果もあります。



最近は更年期障害の治療に漢方薬、ホルモン剤だけではなく、プラセンタ注射で対応しているクリニックも増加していますし、
プラセンタ治療は、保険が適応するクリニックがほとんどです。
あまり我慢せずにクリニックに相談して、辛い痛みを少しでもやわらげて下さい。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。